MEGANE PROFESSOR

〜大好きな眼鏡を届けたい〜

【購入記】金子眼鏡店の顧客限定「バースデーDM 」を使って眼鏡を新調してきました!

f:id:bonjin___35:20200123234802j:image

 

12月末に届いた一通のハガキ。

金子眼鏡店から毎年送られてくる優待DMです。

一年を通してセールを全く行わない金子眼鏡店で唯一割引価格で眼鏡を購入出来るツールになります。毎年、私の誕生日月に郵送されてきます。

 

割引率は記載の通り「15%OFF」です。

金子眼鏡店の眼鏡は金額も高いため15%とはいえ、かなりお買い得になります。

ざっと60,000円が51,000円になる計算なので、1万円近く安くなります。

 

DMが届いたので、今回もお世話になっている金子眼鏡店へ行ってきました!!!

 

f:id:bonjin___35:20200124122718j:image

 

いつ来ても整理整頓が行き届いています。

(店内の撮影を了承頂いたので、少しばかり店内の写真を…)

 

f:id:bonjin___35:20200124122738j:image

f:id:bonjin___35:20200124122806j:image

新作フレームも2ヶ月に数型入荷するそうです。

 

f:id:bonjin___35:20200124122824j:image

f:id:bonjin___35:20200124122834j:image

 

今回はメタルフレームを新調したいと考えていたので、いくつかオススメを出して頂きました。大きな鏡の前で掛け比べ、スタッフさんと談笑しながら選んでいく時間はいつも楽しいです♫

 

30分程悩み、今回はこれに決めました!!!

f:id:bonjin___35:20200124222757j:image

(写真を撮り忘れたため、金子眼鏡公式tumblrから画像を拝借)

 

そして、レンズ選び。

f:id:bonjin___35:20200124132427j:image

f:id:bonjin___35:20200124132413j:image

金子眼鏡店では8,800円〜100,000円近いモノまで取り扱っているため、いつも「自分の予算」や「レンズの性能」などを考えて選びます。毎回ここでめちゃくちゃ悩みます。(今回は使っているものと同じ度数で問題ないため検査は省略です)

 

 

そして今回はCarl Zeissのレンズに決めました!

その名も「デジタルレンズ

パソコン業務が多いため、一番良いとのことです。Nikonのリラクシーと悩みましたが、見え方とコーティングが段違いに良いとのことなので、スタッフさんを信じてCarl Zeissに決めました。

 

確かに一度使うと、Carl Zeissのレンズはモノが綺麗に見えるんですよね。しかし、高いな。

bonjin-35.hatenablog.com

 

それから仕上がりを待つこと一週間。

楽しみにしていた眼鏡をお迎えに上がりました。

f:id:bonjin___35:20200124223859j:image

 

いざ!開封の儀です!

 

f:id:bonjin___35:20200124224246j:image

 

金子眼鏡の眼鏡は桐箱に入っています。初めて購入したときは驚きました。高級感があって良い眼鏡を購入したという実感が湧きます。

 

f:id:bonjin___35:20200124224619j:image

 

ケースも高級感があります。黒か茶色か選べます。また、証明書も付いてきます。ネットで偽造品も出回っているみたいなので、証明書がないものには要注意です。

 

f:id:bonjin___35:20200124225441j:image

 

フロント上部に空間があるのがデザインのポイントです。一見シンプルですが、近くで見るとこだわりが随所に見られる通なデザインに惹かれました。

 

金子眼鏡について他でも記事を書いていますが、金子眼鏡の眼鏡は心からオススメ出来る眼鏡ブランドです。眼鏡の新調を考えられている方は是非参考にして頂けると嬉しいです。

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

f:id:bonjin___35:20200124230023j:image

 

 

 

金子眼鏡が運営するオンラインストア「Direct Glass Labo」とは?

「金子眼鏡」といえば、全国に60店舗を展開する福井・鯖江の老舗メーカー。銀座や青山の一等地に路面店を構え、日本の眼鏡業界の中で最も勢いのあるブランドだと思います。

 

そして、今や多くの有名アイウェアブランドがオンラインストアで購入可能となっていますが、金子眼鏡は、「泰八郎謹製」というブランドを除いては一切オンラインストアで販売していません。

 

 

f:id:bonjin___35:20200119204728j:image

 

 

しかし、近所に金子眼鏡の直営店がない方や忙しくて出掛けられない方もいらっしゃると思います。そんな方にオススメしたいのが金子眼鏡が運営するオンラインストアDirect Glass Labo(ダイレクトグラスラボ)」です!

 

 

f:id:bonjin___35:20200119221121j:image

 

 

「なんだオンラインストアやってるじゃん」

と思った読者の方!

 

違うんです!

 

Direct Glass Labo」では金子眼鏡店で取り扱っている高級国産眼鏡ではなく、1万円以下の手の出しやすい眼鏡がメインの取り扱いとなっています!!!「人に自慢できる良い眼鏡が欲しい」という方にはオススメしませんが、「安くて良い眼鏡が欲しい」という方には心からオススメ出来るサイトとなっています。

 

 

レンズを含めると5万円以上が相場となっている高級眼鏡を取り扱う金子眼鏡。そんな金子眼鏡が運営する「Direct Glass Labo」とは一体どのようなショップなのか!?徹底検証していきたいと思います!

 

 

f:id:bonjin___35:20200119205145j:image

Direct Glass Labo

 

 

まず飛び込んでくるのが、「3,980円」という金子眼鏡では考えられない価格です!

 

 

気になったのでとりあえずクリックしてみますよ!!!

 

f:id:bonjin___35:20200119221801j:image

https://a.r10.to/hbp3ws

 

調べてみると「レンズ代込み」で3,980円みたいです!なんと◯INS、Zof◯よりも安い!!

 

 

本当に私の知っている金子眼鏡なのかと疑いたくなるレベルです!

 

 

カラーは5色展開となっています。レンズをさらに薄くしたい方はオプションで薄型レンズを選べるようです。

 

 

f:id:bonjin___35:20200119224415j:image

 

 

自分の使っている度数が分かる方や処方箋をお持ちの方は

 

f:id:bonjin___35:20200119233059j:image

 

上の画像を参考にすると良いです。コンタクトのパッケージにも書いてありますよ♫

 

 

もし度数が分からない方は、一度眼鏡店で自分の度数を計測してもらうと良いでしょう。きっとすぐに無料で調べてくれるはずです♫

 

 

f:id:bonjin___35:20200120011914j:image

 

 

商品が決まると、「用途」「度数」「PD」など必要な情報を入力していきます。

 

f:id:bonjin___35:20200119234021j:image

 

それでは入力していきましょう!

 

f:id:bonjin___35:20200119234110j:image

 

「度数データ」私は度数が分かるので、これを選択。

 

f:id:bonjin___35:20200119234241j:image

 

使用用途はこれにします。

 

f:id:bonjin___35:20200119234521j:image

 

度数は左右共に-3.00です。乱視はありません。

 

f:id:bonjin___35:20200119234648j:image

 

最後に瞳孔間距離「PD」を入力します。

 

 

あとは購入手続き画面に移ります。

f:id:bonjin___35:20200119235319j:image

 

 

これで完了です!

 

ネットで眼鏡を購入するってハードル高いと思っていましたが、意外と簡単になんですね!

 

 

しかし、金子眼鏡ユーザーの私としてはまだどこか信じられない気持ちです。

 

 

他にも見ていきましょう!

 

 

https://a.r10.to/hIWGMO【7,980円】

トレンドを抑えたコンビネーションフレーム。サイズも45◻︎23という万能なサイズ感です。芯金も入っています。J◯NSのようなフニャフニャの調整できない素材ではありません。

 

https://a.r10.to/hl0AqG【5,980円】

金子眼鏡らしい丸眼鏡。しかし価格は破格でございます。色もとてもキレイですね。レビューを見ていると「女性でもズレ落ちない」とありフィット感が良いというレビューが目立ちます。

 

 

f:id:bonjin___35:20200119232457j:image

 

 

このように「価格別」「カラー別」「イメージ別」でカテゴライズされており、お気に入りを見つけやすいようになっています。しかし、商品数も想像以上に多いため、私の独断と偏見でオススメモデルを7点ご紹介したいと思います!!!

 

 

 

1. EC005

なんと言ってもレンズ代込みで「3,980円」という価格はすごいです!万能なスクエア型で、サイズも余程お顔が大きくなければキレイに収まるサイズ感です。レビューを見ても驚きの声が多いです。

f:id:bonjin___35:20200120002713j:image

f:id:bonjin___35:20200120002716j:image

https://a.r10.to/hbpBo7

 

2. EC012

王道のラウンドフレームです。色合いも肌馴染みの良いアンティークゴールドです。コチラは星5の評価ばかりになっています。価格は6,980円となっています。

f:id:bonjin___35:20200120012906j:image

f:id:bonjin___35:20200120013006j:image

https://a.r10.to/hbfgxK

 

3. 7LM001

ポイントは何と言ってもサイドのデザインでしょう!アクセサリー感覚で使いたいデザインですね!高そうに見えますが価格は5,980円。なんか安すぎませんか?

https://a.r10.to/hbDdPR

 

4. EC015

優しい印象のボストンタイプ。サイズが46◻︎19となっているので小さめですね!女性の方にオススメです♫べっ甲柄が可愛いですが、ブラックなど他のカラーもあります。

f:id:bonjin___35:20200120131819j:image

https://a.r10.to/hbdg4T

 

5. EC011

コチラのモデルはウッド調です。素材はアセテートなので、水に濡れても平気です♫柔らかなウェリントンデザインと本物の木のような温もりを感じられる眼鏡です。価格は6,980円。

f:id:bonjin___35:20200120130412j:image

f:id:bonjin___35:20200120130501j:image

https://a.r10.to/hIDLa4

 

6. 9MC001

王道のサーモント型。メタルパーツには高級感のあるホワイトゴールドを使用する事で、べっ甲のレトロ感、クラシカル感を更に引き立たせます。これもめちゃくちゃ安いです。6,980円。

f:id:bonjin___35:20200120131314j:image

https://a.r10.to/hD8XCJ

 

7. EC018

ラウンド型のコンビネーションフレーム。サイズは44◻︎24のため、画像では小さく見えますが男性でもピッタリくるサイズ感です。これはオシャレですよ♫7,980円です。

f:id:bonjin___35:20200120132536j:image

https://a.r10.to/hb2Ipz

 

 

 

以上が私のオススメモデルです!

気になった眼鏡はありましたか???

 

 

金子眼鏡が運営するオンラインストアということだけあって、Direct Glass Laboで取り扱う商品は金子眼鏡の雰囲気が漂っているモノばかり。何より凄いと感じたのが、フレームに使われている素材です!これについては明らかにJ◯NS、Zof◯よりも良い素材を使用していると断言できます!

 

上でも書きましたが「自慢出来る良い眼鏡が欲しい」という方にはオススメしません!しかし、JI◯S、◯offは嫌で「安くて良い眼鏡が欲しい」という方には心からオススメです。

 

 

「金子眼鏡が1万円以下の眼鏡屋さんを開くとこんな感じなんだろうなぁ」と金子眼鏡マニアの私は思っちゃいました。レビューを眺めていても、高評価が多い多い。迅速な対応と想像を超える質感に驚いている方が目立ちます。勿論国産の眼鏡を取り扱う金子眼鏡も素晴らしいですが、

 

コンタクトがメインの方

眼鏡を購入したいけど高い眼鏡はちょっと…

 

という方には心からオススメ出来ます。ネットで眼鏡を購入するというハードルはありますが、品質と価格は確かなものになっています。金子眼鏡がひっそりと運営しているオンラインストアDirect Glass Labo!是非一度覗いてみては??

 

 

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

金子眼鏡店の眼鏡は本当に凄かった!オススメしたい5つの理由

f:id:bonjin___35:20200113232412j:image

 

私は現在金子眼鏡の眼鏡を4本所持しています。これまでに様々なブランド眼鏡を掛けて来ましたが、個人的には金子眼鏡の眼鏡が一番のオススメです!個人的な感想になりますが、使い心地やポイントを紹介します。

 

そもそも金子眼鏡とは…

「金子眼鏡」は眼鏡産地として有名な福井県鯖江市に1958年に眼鏡卸商として創業。現在は「泰八郎謹製」や「金子眼鏡」といったオリジナルブランドを中心とした企画・デザイン・販売を手掛け、日本国内において眼鏡業界のトレンドリーダーとして確固たる地位を築いています。

 

詳しくはbonjin-35.hatenablog.com

 

 

f:id:bonjin___35:20200113232526j:image

 

金子眼鏡をオススメする5つ理由

 

1. デザイン

金子眼鏡の眼鏡はどれもシンプルです。

 

高級ブランドですが、ブランドの押し出しが全くありません。まさに王道のデザイン。逆にシンプルという時代や流行に流されないデザインこそが金子眼鏡の特徴なのかもしれません。少し派手な眼鏡を探されている方には物足りなく映るかもしれませんが、シンプルで長く愛用出来るものを探している方には心からオススメです。

 

f:id:bonjin___35:20200113233652j:image

 

 

2. 掛け心地

金子眼鏡で使われる素材は大きく2つに分けられます。一つは「セルロイド」や「サンプラチナ」といった古の素材を使ったモノ。もう一つは「アセテート」や「チタニウム」など現代の素材を使ったモノです。

 

古の素材を使用したハンドメイドフレームは昔ながらの造りであるため、それなりに重さがあります。逆に現代の素材で仕上げたモノは、重さをほとんど感じることのない軽い掛け心地です。

 

購入後はスタッフさんがピッタリとフィッティングしてくれるため、ズレたり、痛くなったりすることはほとんどありません。金子眼鏡のスタッフの方は親身になってフィッティングしてくれる方が多く、私はフィッティングの時間がとても楽しいです。

f:id:bonjin___35:20191217152233j:image

 

3. アフターサービス

全国に約60店舗を展開する金子眼鏡では、購入していない店舗でも同様のアフターサービスが受けられます!旅行や出張先で何かあっても安心です。

 

私の場合、旅行先で立ち寄った金子眼鏡店で購入する際に、別店舗で作った時のデータを出してくれました。全国どの店舗でも「顧客」として対応してくれる態勢には感動した記憶があります。

 

万が一の修理対応でも金子眼鏡は自社工場で製造しているため、修理も幅広く対応してくれます。以前ポキっと折れた時も1ヶ月程で新品同様に直してもらいました。

 

f:id:bonjin___35:20191217155951j:image

 

 

4. 値段

とはいえ、やはり一番のハードルが「価格」ですよね。金子眼鏡ではフレーム価格「28,000〜50,000円」で取り扱っているそうです。これは日本製のしっかりとした眼鏡ブランドであれば相場だと思います。ちなみに海外のインポートブランドであれば、45,000円ぐらいが相場になってきます。

 

そしてレンズ。レンズについては「東海光学」、「Nikon(ニコン)」、「CarlZeiss(カールツァイス)」をメインでお取り扱いされています。レンズの価格は8,000円〜100,000円以上のレンズまでありました!流石です。

 

そして、カメラが好きな方しか分からないと思いますが「CarlZeiss」の眼鏡レンズなんて驚きじゃないですか!?カメラレンズであれば高額すぎて手が出せませんが、金子眼鏡では15,000円から夢のZeissのレンズを入れてくれます!私はそれを選びました。透明感が違います。フレームとレンズを合わせて、約50,000円

 

うーん、高いけど季節関係なく毎日使うことを考えると、決して高くないのではないかと思ってしまうのは金子眼鏡に毒されてますかね?数年に一度の自分へのご褒美という言い訳をして、私は買っています。

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com
f:id:bonjin___35:20191217174555j:image

 

 

5. 商品のストーリー

正直一番の決め手はこれです!

 

オリバーピープルズや9,999など沢山の良いブランドがありますが、10年前に私が金子眼鏡のファンになったのはストーリーに共感したからです!

 

金子眼鏡を紐解く【解説】 - MEGANE PROFESSORでも書いていますが、失われつつある日本のものづくり文化を継承しているという点に感銘を受けました。効率やコストばかりに目が向く企業が多い中で、日本の文化を残していくための取り組みは眼鏡業界の中でも稀有な存在で、応援したいという気持ちになります。

 

f:id:bonjin___35:20191218000700j:image

 

 

【まとめ】

金子眼鏡の眼鏡は一本約50,000〜60,000円ぐらいが目安となります。決して安い買い物ではありませんが、購入した後のアフターサービスや使い心地などを考えるとむしろ安い!?買い物かもしれません。毎日眼鏡を常用されている方だったら尚更です!

 

良い眼鏡を掛けていると自然と自信も湧いてきます。ぜひ一度金子眼鏡の眼鏡に触れてみて下さい!

 

 

 

【金子眼鏡オススメモデル】

f:id:bonjin___35:20191219230314j:image

【KV-40】金子眼鏡らしい癖を抑えた王道「ウェリントン」シンプルなフロントラインはオンオフ問わずデイリーに使えるデザイン。またテンプルのチタンは上品な印象を演出する。

 

 

 

f:id:bonjin___35:20191219230504j:image

【T-416】職人、「井戸多美男作」の代表モデル。引き算の美学とも言える究極のシンプルなデザイン。掛けてみると驚きのフィット感となっている。

 

 

※金子眼鏡の公式オンラインカタログを見たい見たい方はコチラbonjin-35.hatenablog.com

 

 

 ※金子眼鏡×UNITED ARROWSコラボモデル

 

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BY by KANEKO OPTICAL John/アイウェア -MADE IN JAPAN- 14446991543 2500 MD.BROWN(25) フリー

 

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BY by KANEKO OPTICAL John/アイウェア -MADE IN JAPAN- 14446991543 2500 MD.BROWN(25) フリー

 

※金子眼鏡×アーバンリサーチコラボモデル

f:id:bonjin___35:20200115173241j:image

[アーバンリサーチ] サングラス KANEKO OPTICAL×URBAN RESEARCH UR-15 メンズ BLACK -

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

「鯖江の眼鏡 」オススメブランド7選 【2020年度版】

f:id:bonjin___35:20200113003109j:image

 

国産の眼鏡と言えば「鯖江」ですよね!

 

世界の眼鏡産地として名高い福井県鯖江市は、一寒村の冬場の安定収入として眼鏡の製造が始まったと言われています。

実直で勤勉な県民性と眼鏡製造は相性が良く、一大産地として成長し、機能と品質に重点を置いた製品は世界中に評価され、国内の約95%、世界の約20%のシェアを持つまでに成長しています。

 

今回はそんな鯖江で作られている国産眼鏡の2020年度版オススメブランドを紹介していたいと思います。

 

f:id:bonjin___35:20200113003513j:image

 

1. 金子眼鏡

f:id:bonjin___35:20200112124929j:image

 

全国に約60店舗の直営店舗を構える金子眼鏡。今や鯖江を代表する眼鏡メーカーです。銀座や青山の一等地に路面店を構え、日本の眼鏡業界の中で最も勢いのあるブランドだと思います。

 

金子眼鏡のデザインはシンプルで王道。飽きが来ず、長く愛用できる商品ばかりです。私も愛用しています。金子眼鏡は他のメーカーと違い自社工場を持っているため品質は勿論ですが、アフターケアの充実が素晴らしいです。

 

【相場価格】30,000〜50,000円

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

2. BJ CLASSIC

f:id:bonjin___35:20200112130628j:image

 

BJ CLASSICは2001年に創業したBROS JAPAN(ブロスジャパン)が手掛けているブランドです。元々世界最古のメガネメーカーであるアメリカンオプティカル(AO)の日本の総代理店として創業した経緯があり、品質とデザインへの熱いこだわりを感じます。

 

デザインはクラシックなモノが多く、AOのヴィンテージフレームを彷彿とさせる飾りを装飾したものもあります。ヴィンテージ好きをも唸らせるディテールがBJ CLASSICの一番の魅力です。

 

【相場価格】30,000〜45,000円

 


 

3. guepard

f:id:bonjin___35:20200112160500j:image

 

guepard(ギュパール)は神戸のヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』山村氏と、札幌のヴィンテージ眼鏡店『Fre'quence』柳原氏によるアイウェアブランド。眼鏡業界に「フレンチヴィンテージ」という新たな流れを吹き込んだ注目のブランドです。

 

一部の眼鏡セレクトショップや「アーバンリサーチ」や「TOMORROW LAND」の大手アパレルでの取り扱いがメインとなります。

 

guepardはフレンチヴィンテージの高いデザイン性や本質を理解し、敬意を表現したコレクションとなっています。

 

【相場価格】29,700円

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

4. ayame

f:id:bonjin___35:20200112175020j:image

 

ブランド名は神秘や高貴の象徴である紫色の菖蒲 (あやめ)からとられています。『温故知新』をブランドコンセプトに掲げ、永く愛される上質な眼鏡・サングラスの創造を目指す、突出したセンスと日本の技術が融合した新たなドメスティックブランドです。

 

多くのファッション誌でも取り上げられており、性別問わず人気が高いのが特徴です。洗練されたデザインが多く、シンプルながらもキラリと光るアクセントが魅力です。

 

【相場価格】35,000〜50,000円

 


 

5. EYEBAN

f:id:bonjin___35:20200112233843j:image

 

EYEVAN(アイヴァン)は1972年に「着る眼鏡」をコンセプトとして生まれた、日本初のファッションアイウェアブランドです。一時は休止していましたが2017年に復刻すると瞬く間に人気ブランドとして返り咲きました。

 

元々EYEBAN(旧オプテックジャパン)は世界的ブランド「オリバーピープルズ」の製造を担っていたこともあり、品質・デザインは間違いありません。

 

人気俳優の「菅田将暉」さんがドラマで掛けていたことでも話題となりました。EYEBANは芸能人愛用者も多いブランドの一つです。

 

【相場価格】30,000〜70,000円

 


 

6. ENALLOID

f:id:bonjin___35:20200114212916j:image

 

ENALLOID(エナロイド)は1947年の創業、岐阜県の中津川において一貫生産で展開する恵那眼鏡のオリジナルブランド。岐阜県って福井・鯖江産ではないじゃん!と突っ込まれそうですが、素晴らしいモノ造りをしている日本のブランドであるため紹介します。

 

ENA LLOIDは他業種との合作も盛んでネクタイブランド『giraffe(ジラフ)』日本のアパレルブランド『MARKAWARE(マーカウェア)』『my panda(マイパンダ)』アメリカのアパレルブランド『united bamboo(ユナイテッドバンブー)』など常にクリエイティブな提案を行っています。東京事変のギターリスト「長岡亮介」さんとのコラボレーションも話題になりました。私は長岡さんが掛けてるというだけで欲しくなっちゃいます。

 

【相場価格】30,000〜40,000円

 

 

7. OLIVER PEOPLES

f:id:bonjin___35:20200113004751j:image

 

世界的ブランドであるOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)。2007年にルックスオティカに買収されてからその後の展開が注目されていましたが、昨年日本でもEYEBANからルックスオティカジャパンへ正式にライセンスが移り、新たな形でのスタートとなりました。

 

OLIVER PEOPLESは1986年に創業したアメリカ・LA発のブランドですが、生産地は鯖江なんです!世界中のセレブやハリウッドスタートなど多くの著名人に愛されるブランドであり、MP-2やSHELDRAKEなどの名作モデルも多数あります。

 

【相場価格】30,000〜45,000円

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

番外編. AHLEM

f:id:bonjin___35:20200113005408j:image

 

AHLEM(アーレム)は鯖江産ではありませんが注目度が高いブランドであるため、最後に紹介させて頂きます。

 

ロサンゼルス発のブランドAHLEMは、2017年にアメリカで最も期待される次世代のデザイナーに与えられる「CFDA/VOGUE FASHION FUND」のファイナリストにアイウェア業界から唯一選出された経緯を持つ世界が注目するブランドです。

 

製造はフランスにおけるメガネの名産地ジュラ地方の職人によって一つ一つ手作業で丁寧に作られており、彫金加工による細やかなディテールや、テンプルエンドのアクセントなどは流石の一言。モダンとヴィンテージ入り混じる独自の感性から生み出されるデザインは、眼鏡のさらなるデザイン可能性を感じてしまいます。

 

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

以上が2020年にオススメしたい福井・鯖江の7つのブランド+番外編になります。

 

眼鏡も安く手に入る時代となりましたが、鯖江の眼鏡はやはり品質が良いため長く愛用できます。一つのモノを愛着を持って大事に使いたい方には上記の7ブランドは心からオススメできる眼鏡を作っています。

 

眼鏡の新調を考えていらっしゃる方は是非ご参考下さいませ♫

 

f:id:bonjin___35:20200113092143j:image

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

 

 

結婚間近!?川口春奈さんが愛用するメガネはMOSCOT(モスコット)の名作「レムトッシュ」

f:id:bonjin___35:20200118004716j:image

 

 

最近噂のの川口春奈さん。

ビックサプライズがあるということですが、気になりますね!噂の彼と結婚か!?とネットでも話題となっています。

 

そんな川口春奈さんは約10年ぶりに眼鏡を新調したそうです。

 

インスタでも度々サングラスや眼鏡を掛けている姿が投稿されていたので、10年ぶりの新調ということには驚きました。

 

もともと露出がそれほど多くなかったためミステリアスな印象もありましたが、ここ数年彼女の気取らない性格やファッションセンスが注目され、一躍人気となっています。

 

 

そんな川口春奈さんが今回新調した眼鏡は

 

MOSCOT「レムトッシュ」です!

f:id:bonjin___35:20200118094922j:image

 

MOSCOT(モスコット)とは、

ニューヨークで1915年に眼鏡店として誕生したアイウェアブランド。多くの歴史人や有名な著名人らが愛用してきたこの眼鏡店は歴史と権威のある眼鏡屋として今なお愛されるブランドであり続けています。

 

f:id:bonjin___35:20200118004406j:image

 

日本ではハリウッドスターのジョニーデップが愛用していることで有名となり、爆発的に人気となったブランドです。

 

川口春奈さんが掛けている「レムトッシュ」はMOSCOTの中でも最も人気の高いモデルです!眼鏡にしても、サングラスにしてもGOODなフレーム「レムトッシュ」!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOSCOT モスコット LEMTOSH 46サイズ ウェリントンサングラス
価格:37400円(税込、送料無料) (2020/1/18時点)


 

 

 

 

川口春奈さんのファッションを参考にしながら、ぜひお試し下さい♫

 

 

 

https://a.r10.to/hI2EFF

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

金子眼鏡とアーバンリサーチのコラボ眼鏡がコスパ最強な件【レビュー】

f:id:bonjin___35:20200116073222j:image

 

「国産の良い眼鏡に新調したいけど4、5万するし、そんな高い眼鏡なんて買えなーい!」

 

「コンタクトがメインだし、眼鏡にそんな金額出せるかー!」

 

という方にオススメしたい眼鏡があります!

それが「金子眼鏡と「アーバンリサーチのコラボモデル。有名アイウェアブランドであればフレームだけで3万円以上はするデザインでも、今回紹介するフレームはその半値!圧倒的にコスパが高いのが特徴です。

 

アーバンリサーチのスタッフさんの話だと、「フレームのフィッティング」や「レンズの入れ替え」、万が一の「修理」などは金子眼鏡店で行なってくれるそうです。これなら安心して購入できますね!

 

「金子眼鏡」、「アーバンリサーチ」と誰に見せても誇れるブランドであるため、掛けていて自信も湧いてきます。品質も金子眼鏡監修であるため間違いなしです!

 

それでは早速オススメの2つのモデルを紹介していきたいと思います!

 

 

[アーバンリサーチ] サングラス KANEKO OPTICAL×URBAN RESEARCH UR-15 メンズ BLACK -

【モデル名】UR-15

【定価】17,600円

レンズ幅         46mm

レンズ高さ      39mm

ブリッジ幅      23mm

テンプル長さ  145mm

眼鏡の産地である福井・鯖江を代表するメーカー「金子眼鏡」と、“DESIGN YOUR LIFE STYLE”をコンセプトに、リアルな“今”をアイテムに込めながらさまざまな提案を行う「アーバンリサーチ」とのコラボレーションモデル。

 

フロントとサイドで異なる印象を与える、セルとメタルのコンビフレーム。フロントリムの磨きによる都会的な趣や、ニッケル合金のアンティークのような表情が魅力。『金子眼鏡』の伝統の製法に基づいた作りを堪能できる一本で、ドレスやカジュアルなど、さまざまなコーディネートにも抜群の相性を見せる。

 

「 UR-15」はアーバンリサーチでも不動の人気となっています。フロントには古の素材「セルロイド」を使用しており、フレームの変型も少ない。テンプルの素材が「ニッケル合金」でなく「チタン」であれば金額は倍になりますが、ここでは価格を抑えるためにニッケル合金が採用されています。

 

私は「 UR-15」を見て、はじめに感じたのが世界的アイウェアブランドであるOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の名作「OP-505」にそっくりだということ。

ちなみにコチラが「OP-505」

 

 

[オリバーピープルズ]OLIVER PEOPLES 505 メガネフレーム (1474)

 

見れば見る程細部までそっくりです。ちなみにオリバーピープルズ「OP-505」は34,100円です。勿論「OP-505」はテンプルにチタンを採用し掛け心地もより良いモノになっていますが、金額が2倍も違いますからね。

 

掛けるとこんな雰囲気です。

f:id:bonjin___35:20200116085005j:image

f:id:bonjin___35:20200116085010j:image

 

性別もシーンも問わず万能なカタチだと思います。むしろ掛けているだけで、お洒落に見えてしまう♫そんなデザインになっています。

 

 

 

 

そして、もう一つ紹介したいのが、、、

[アーバンリサーチ] サングラス KANEKO OPTICAL×URBAN RESEARCH UR-30 メンズ BKxCLEAR -

【モデル名】UR-30

【定価】18,480円

レンズ幅         50mm

レンズ高さ      40mm

ブリッジ幅      20mm

テンプル長さ  145mm

メタルとセルのコンビネーションは、メタルリムの内側にプラスチックリムをはさみこみ、通常のメタルボストンフレームには出せない存在感を演出しています。コチラのモデルはテンプルの美しいラインが上品な雰囲気を纏っています。

 

そして、コチラのモデルも同様にオリバーピープルズの名作「MP-2」に酷似しています。

 

【正規取扱店】OLIVER PEOPLES オリバーピープルズ メガネフレーム MP-2 (5244)

コチラも見れば見る程にそっくり。「MP-2」は36,300円が定価であるため、コチラも約半値となっています。

 

掛けるとこんな雰囲気です。

f:id:bonjin___35:20200116100347j:image

f:id:bonjin___35:20200116100510j:image

 

一見難易度が高そうに見えますが、サイズ感が非常に良く万能なデザインです。丸眼鏡に挑戦してみたいという方に心からオススメできるデザインです♫

 

 

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

guepard(ギュパール)から伝わるフレンチヴィンテージの魅力

f:id:bonjin___35:20200104223217j:image

アパレル業界から人気に火が付いた

guepard(ギュパール)

ありそうでなかった絶妙なサイズ感・存在感・佇まいが唯一無二のデザインとなっています。今回はそんな話題のguepardの商品レビューをしていきたいと思います!

 

guepardについて詳しく知りたい方はこちら

bonjin-35.hatenablog.com

 

f:id:bonjin___35:20200104223234j:image

 

そして、今回購入した商品は………

「gp-05  Écaille」

正面から…

f:id:bonjin___35:20200104114116j:image

横から…

f:id:bonjin___35:20200104114043j:image

デザイン「パリジャン」

フレンチヴィンテージ、独特の雰囲気が出るデザインです。ウェリントンに「癖」を持たせたような味のあるデザインに仕上がっています。

 

サイズ42□23□147

サイズも42□23という、フレンチヴィンテージを熟知しているからこそのサイズです!有名ブランドでは平均的に45〜50のレンズ径を採用することが多い中で、gp-05は42とかなり小さめのサイズ感に仕上げています!これが探しても他のブランドにはないんです!

 

ちなみに眼鏡には数字の意味は

42→レンズの直径(42mm)

23→ブリッジの幅(23mm)

147→テンプルの長さ(147mm)

ということを表しています。眼鏡を選ぶ上で目安となります。

 

 

輪郭よりも内側にフレームが収まり、レンズの中央付近に黒目が来るというサイズ。素敵です!!!私の場合、目が少し寄っているため、基本的にレンズの中央より内側に黒目が来てしまうことが多いのですが、guepardのサイズ感であればレンズの中央に目が来ます。そうなることで、フォーマルにもカジュアルにも使える印象になりますね!

 

 

ディテール

素材はアセテートを使用しており、構造もシンプルです。多少のバネ性もあり、フィット感は可もなく不可もなくといったところでしょうか。しかし、フレンチヴィンテージを忠実に再現しているのか、鼻幅が広く少し眼鏡が下がってしまいます。眼鏡屋さんでのフィッティングが必要ですね。

 

レンズ

guepardはレンズにもこだわりがあります!通常カーブが付いたレンズが装備されていますが、guepardではフラットレンズを採用しています。レンズにカーブが無く、フラットになることで独特の反射があり雰囲気を格上げしてくれます。これは他社の眼鏡と比較しないとわからない微妙な部分ですが、こういったところにもguepardの良さがあります。

 

f:id:bonjin___35:20200104225302j:image

 

取り扱い店舗

アパレルから火が付いたブランドなため、眼鏡屋ではなくアパレルのセレクトショップなどでの取り扱いが多い印象です。少しずつ眼鏡のセレクトショップでも取り扱いが広がっていますが、生産数も少ないため限定されています。

有名なとこだと「アーバンリサーチ」「TOMORROW LAND」ぐらいでしょうか。詳しくは→DEALER | guépard

 

f:id:bonjin___35:20200104230238j:image

 

まとめ

雑誌などでも目にする機会が増えてきたguepard。画期的な構造や、掛け心地で勝負するブランドが多い中で、デザインだけで勝負するというのは日本の眼鏡ブランドの中でも本当に珍しい存在だと思う。そして、眼鏡を選ぶ上で「フレンチヴィンテージ」という新しいジャンルを世に広めた功績は大きい。

guepardの眼鏡はどれも一癖あるが、一度ハマると他のブランドがどこか味気なく感じてしまう。少し刺激的な眼鏡を掛けたいのであれば、ぜひguepardをオススメしたい。

 

f:id:bonjin___35:20200104231319j:image

  

↓ MEGANE PROFESSOR的オススメモデル↓

Guepard ギュパール メガネ 眼鏡 gp-05 サングラス (メンズ レディース)【-Brown-Grey(G15)】

私も購入した「gp-05」。顔が小さめの方や、度数が強い方にオススメしたいモデル。サングラスとしてそのまま使用するのも雰囲気が良い。

Guepard ギュパール メガネ 眼鏡 gp-03 サングラス 伊達眼鏡 べっ甲 (メンズ レディース)【-Champagne(Clear)】

「gp-03」サイズは45□23という平均よりも少し小さいサイズ感。クリア系の生地はサングラスにしてもカッコ良いし、トレンド感のある仕上がりになっている。

 

f:id:bonjin___35:20200104233035j:image

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

金子眼鏡オンラインカタログを使いこなそう!

f:id:bonjin___35:20200106103950j:image

 

今やどんな商品でもインターネットで買える時代となっていますが、金子眼鏡は違います!

金子眼鏡は国産の高級眼鏡として確固たるブランドを築いていながら、オンラインで販売を行っていないのです!理由はわかりませんが直接お店に足を運ばなければ購入できません。もしかすると眼鏡店は「半医半商」という形態であるため、病院に行かなければ薬を処方してもらえないのと同様に眼鏡店に足を運ばなければ眼鏡が作れないという考えなのかもしれませんね。

 

それでは、早速金子眼鏡のオンラインカタログについて解説していきたいと思います!

 

f:id:bonjin___35:20200106104041j:image

 

※金子眼鏡公式フリッカー

f:id:bonjin___35:20200106102925j:image

kaneko-optical's collections on Flickr

まずはコチラをチェック!!!

 

 

コチラのURLが金子眼鏡の公式カタログです。サイトに入ると、まずブランドごとにカテゴリー分けされています。

 

f:id:bonjin___35:20200106114239j:image

 

ここから気になるブランドを見つけていきます。まずは「KANEKO GANKYO(vintage)」をクリック!!!

 

f:id:bonjin___35:20200106114522j:image

 

すると沢山のモデルが品番ごとに整理されています。そして、気になるデザインを見つけましょう!

 

f:id:bonjin___35:20200106114841j:image

 

するとモデルのサイズや

 

f:id:bonjin___35:20200106114846j:image

 

 

全てのカラーバリエーションが表示されます。

ここで気になるデザインがあれば、品番とカラーをメモして金子眼鏡店にGOです!メモを片手にスタッフさんに相談すると、メモした品番に似たデザインや近いサイズの商品を提案してくれるので、お気に入りを最短時間で見つけられると思います。

 

 

f:id:bonjin___35:20200106125830j:image

 

しかし、正直商品がたくさんあるため絞り込むのが難しいです!そこでflickr(フリッカー)と合わせて使えるTumblr(タンブラー)もご紹介します!

 

※金子眼鏡公式タンブラー※

f:id:bonjin___35:20200106130628j:image

金子眼鏡 | KANEKO OPTICAL

コチラもチェックです!!!

 

 

タンブラーでは新店舗オープンの案内や、新作フレームの紹介を行っています!

 

f:id:bonjin___35:20200106130838j:image

 

サイズ表記やカラーバリエーションなどの記載はありませんが、フリッカーにはないデザインの説明が書いてあります!

 

せっかく新調するなら新作フレームを買いたい!という方は先ずはタンブラーを見てから、フリッカーで確認する方が良いかもしれませんね!

 

f:id:bonjin___35:20200106131202j:image

 

以上が金子眼鏡のオンラインカタログを使いこなす方法になります!

 

気になってはいるけど、

「敷居が高くて入店しづらい」

「事前にイメージを固めておきたい」

という方は是非活用下さい!きっとステキな眼鏡に出会えるはずです♫

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

f:id:bonjin___35:20200110110225j:image

 

bonjin-35.hatenablog.com

 

さらに使いこなすには…

フリッカーとタンブラーで事前に調べたところで掛けてみないと似合うかわからないのが正直なところ。実際に掛けてみると「違った…」というのはよくある話です。そこで、似合う眼鏡を探すために自分の瞳孔間距離(PD)をチェックしましょう!!!

 

 

f:id:bonjin___35:20200110111628j:image

 

 

瞳孔間距離とはその名の通り眼と眼の距離です!画像のようにスケールを準備するだけで測れます。日本人の男性64mm、女性が62mmと言われています。

 

この瞳孔間距離がおおよそ計測できれば、上のフリッカーのサイズをチェックします!

 

f:id:bonjin___35:20200110112147j:image

 

注目するのは一番目の数字(レンズの直径)と二番目の数字(ブリッジ幅)です!

 

これを足すと「69mmという数字になります!ちなみにこの数値を「フレームPD」と言います。瞳孔間距離(PD)とフレームPDの数値が一致するとレンズのちょうどど真ん中に眼が来るということになります!

 

 

私の経験上、PDとフレームPDの誤差は

0〜10mm以内

に収めるのが良いでしょう!

 

例えば、PD64mmの方でしたらフレームPDは64〜74mmにするのがオススメです!これを踏まえてフリッカーを見ると、似合う眼鏡が早く見つかりますよ♫

 

 

f:id:bonjin___35:20200110114335j:image

 

 

その他金子眼鏡について詳しく知りたい方は

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com
bonjin-35.hatenablog.com

 

 

 

 

お洒落な眼鏡を掛けたい♫まずは眼鏡のカタチをチェックしよう!

f:id:bonjin___35:20200108002220j:image

 

眼鏡を毎日掛ける方にとって、眼鏡はもはや顔の一部と言ってもいいでしょう!!!ファッションやメイクにこだわるのと同じように、眼鏡にもこだわりたいですよね!

 

「眼は口ほどにモノを言う」という言葉があるように目元の印象はとても重要です!そして「眼鏡」はその印象を大きく左右する重要なアイテムです。

 

今回は眼鏡のカタチを大きく6つに分類し、特徴を知ることでどのような印象を与えられるのか詳しく解説していきます!

 

  1. 定番「ウェリントン
  2. 穏やかな印象「ボストン
  3. 市民権を得た「ラウンド
  4. 真面目な「スクエア
  5. 上級者①「クラウンパント
  6. 上級者②「サーモン

 

f:id:bonjin___35:20200108153505j:image

 

1. 定番「ウェリントン

まずは定番の「ウェリントン」について!眼鏡のクラシックブームの火付け役ともなった形です!角と丸みが合わさったデザインですので、オンオフ問わず使えます。テンプルがフロント上部についていることが多いため、目元を引き締めてくれる効果もあります!

f:id:bonjin___35:20200108154924j:image

 

 

2. 穏やかな印象「ボストン

ボストン型とは簡単に言うと「逆三角形」のカタチです。全体的に丸みを帯びたデザインですので、柔らかく優しい印象となります!ウェリントンに比べ難易度は少し上がりますが、キチンとサイズを合わせて掛けこなしましょう!

f:id:bonjin___35:20200108161421j:image

 

 

3. 市民権を得た「ラウンド

ラウンド型は難易度が高く、選ばれし者しか掛けられないと思われがちですがこれは間違いです!ラウンド型を掛けこなすにはコツがあるんです!

 

ラウンド型を掛ける上で最も重要なのが「サイズ感」!理想のイメージを持って、サイズを選びましょう!きっとあなたも丸眼鏡が似合いますよ♫

 

ラウンドを選ぶポイントはコチラ→金子眼鏡店で丸眼鏡デビュー! - MEGANE PROFESSOR

f:id:bonjin___35:20200108174929j:image

 

 

4. 真面目な「スクエア

眼鏡を掛けている人は一度は掛けたことがあるんではないでしょうか!?角があるデザインのため、キリッと真面目な印象になります。ビジネスシーンや硬派な印象を演出するのであれば間違いなくスクエアでしょう!

f:id:bonjin___35:20200108235600j:image

 

5. 上級者①「クラウンパント

ヴィンテージフレームによく見られるクラウンパントは、ボストン型と似たフォルムですがフロント上部が直線的になっているのが特徴。柔らかな印象のボストンに対し、クラウンパントは直線、角が入っているとこでどこか引き締まった表情にも見えます。まだ掛けている人も少ないため、お洒落上級者に見られること間違いなしのデザインです!

f:id:bonjin___35:20200109000405j:image

 

 

6. 上級者②「サーモント

少しおじさん臭いデザイン。眉毛を強調するデザインとなるので、サーモントは厳格な印象を演出します。男性向けのデザインという印象がありますが、女性がナードな雰囲気を演出するために掛けてもお洒落です!

f:id:bonjin___35:20200109092450j:image

 

 

以上、今回は6つの眼鏡のカタチを解説しました!気になるカタチはありましたか???

 

ファッションを学ぶように、メイクを学ぶように、眼鏡も少し学ぶことで大きく印象を変えることが出来ます♫今回の解説が少しでも参考になれば嬉しいです♫

 

f:id:bonjin___35:20200109101346j:image

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

 

金子眼鏡店で丸眼鏡デビュー!

先日、念願の丸眼鏡デビューをしました!購入したのはいつもお世話になっている「金子眼鏡店」!金子眼鏡店ではラウンドの種類が多過ぎて、1回では決めきれず2回目でようやく決めることが出来ました。今回は【丸眼鏡の選び方】を解説します。

 

事前にオンラインカタログもチェックしたい方はこちらをチェック!!!bonjin-35.hatenablog.com

 

f:id:bonjin___35:20191220234716j:image

 

丸眼鏡を選ぶ 3つのポイント

  1. サイズ感
  2. テンプルの位置
  3. カラー

 

f:id:bonjin___35:20191221011031j:image

 

1. サイズ感

丸眼鏡を選ぶ上で最も重要な要素!基本的には瞳孔間距離(右眼と左眼の距離)に合わせて眼鏡を選ぶのが良いと思います。しかし、理想のイメージに合わせてフレームサイズをサイズアップするのもオススメです。

 

 

 

瞳孔間距離に合わせたサイズ

 

瞳がレンズの真ん中に来るように選ぶと丸眼鏡でも真面目な印象に。男性がビジネスで使うならジャストサイズで選択。

 

 

 

瞳孔間距離より少しサイズアップ

 

瞳がレンズの内側に少し寄ると、力の抜けたリラックスした印象に。女性にオススメのサイズ感です。

 

 

 

瞳孔間距離より大きくサイズアップ

瞳がレンズの内側に寄ると、カジュアルな印象。若い人がお洒落でこのような伊達眼鏡を掛けています。

 

 

このようにサイズ感で同じ丸眼鏡でも印象は大きく変わります!理想のイメージを想像しながらサイズ感を選んで下さい!

 

 

 

2. テンプルの位置

丸眼鏡には大きく二種類のテンプルの位置があります。

 

f:id:bonjin___35:20191221115459j:image

一つはレンズの真ん中にテンプルが来ているモノ。丸さが際立ち「可愛さ」「ユニークさ」が出ます。

 

f:id:bonjin___35:20191221115519j:image

もう一つはレンズ上部にテンプルが来ているモノ。こちらは丸さが抑えられ、気持ち「落ち着いた」印象となります。ビジネスでも使用したい私が選んだのはこちらのモデルです。

 

 

丸眼鏡を選ぶ際は、是非テンプルの位置にも注目してみて下さい!印象が全然変わってきますよ♫

 

 

 

3. カラー

上の二点を踏まえ形が決まると、残すはカラーです。最近は丸眼鏡のブームもあって、様々なカラーが発売されています。

 

f:id:bonjin___35:20191221115838j:image

 

ブラックやブラウンなどのメッキを施したモデルは丸のラインが際立ちます。

 

 

f:id:bonjin___35:20191221120443j:image

 

日本人の肌に良く馴染むとされるのが「ゴールド」です。そして、存在感は出ますが定番のカラーとされるのが「シルバー」です。この二色は丸いラインが気になりにくいため、眼鏡を掛けていない素顔の印象ナチュラルな印象となります。

 

他のカタチについても知りたい方はこちらを参考にして下さい♫bonjin-35.hatenablog.com

 

 

 

 

まとめ

難易度が高いと思われがちな丸眼鏡も「サイズ感」「テンプルの位置」「カラー」の順で選んでいくと、きっと似合う丸眼鏡に出会うことが出来ます!似合わないと諦めている方は是非参考にした下さい。

 

 

 

f:id:bonjin___35:20191221161948j:image

 

 

 ↓↓その他、金子眼鏡の記事はコチラ↓↓

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

f:id:bonjin___35:20200105220417j:image

金子眼鏡を紐解く【解説】

f:id:bonjin___35:20191217005432j:image

 

全国に60店舗を展開する福井・鯖江の老舗メーカー「金子眼鏡」。銀座や青山の一等地に路面店を構え、日本の眼鏡業界の中で最も勢いのあるブランドだと思う。今回はそんな「金子眼鏡」を紐解いていきたい。

 

f:id:bonjin___35:20191217005544j:image

 

金子眼鏡は1958年に福井・鯖江に眼鏡の卸問屋として創業した。今のようにブランドビジネスへと舵を切ったのは現在の社長、金子真也氏だ。「BLAZE」、「SPIVVY」などのブランドを立ち上げ、ファッションとしての眼鏡を次々と世に送り出した。そして、今の金子眼鏡の根幹とも言える「職人シリーズ」を1997年に立ち上げる。「泰八郎謹製」「井戸多美男作」「與市」など鯖江の伝統製法で作る眼鏡はメタルフレームが主流となっていた眼鏡業界に「クラシック」の風潮を呼び込んだ。また、これらの職人シリーズは当時アパレル業界で人気を博していた「ナンバーナイン」や「STUSSY」とのコラボレーションモデルなども発売され、ファッション業界においても金子眼鏡は注目される存在となった。

 

f:id:bonjin___35:20191217005622j:image

 

2006年には自社工場「BACKSTAGE」を設立する。背景には職人達が高齢化していく中、鯖江のものづくり文化と技術を継承するという思いがあった。鯖江ではコストや生産性を考えて分業体制が当たり前となっている中で、「BACKSTAGE」では一貫生産体制を貫いている。今だに鯖江においてプラスチックフレームの一貫生産体制を行なっているのは金子眼鏡だけだ。

 

f:id:bonjin___35:20191218000736j:image

 

その「BACKSTAGE」で新たに育てた職人達が技術を継承し、製造しているのが「金子眼鏡シリーズ」である。同シリーズの商品はセルロイド製の眼鏡を始め、アセテートやチタン製のフレームまで多岐に渡る。「不易流行」という精神でデザインされた金子眼鏡の眼鏡は、シンプルで使いやすいモノが多い印象だ。また、ECサイトで販売するブランドが多い中、「金子眼鏡シリーズ」は直営店舗でしか手に入れることが出来ないというのも付加価値を高めている。

 

f:id:bonjin___35:20191217005650j:image

 

現在、金子眼鏡の直営店は

金子眼鏡店

KANEKO OPTICAL

FACAL INDEX NEWYORK」となっている。

 

直営店での取り扱いブランドは

  • 泰八郎謹製
  • 井戸多美男作
  • 恒眸作
  • 與市
  • SPIVVY
  • 金子眼鏡
  • ISSEYMIYAKE×金子眼鏡

となっている。全国どの店舗でもメンテナンスなどのアフターサービスを受けられるのも金子眼鏡の大きな魅力だ。

 

f:id:bonjin___35:20191217021037j:image

 

 

良い眼鏡を新調しようと考えている方がいれば、ぜひ金子眼鏡の商品に触れてみることをオススメする。

 

 

 

↓↓金子眼鏡の商品レビューはコチラ↓↓

bonjin-35.hatenablog.com
bonjin-35.hatenablog.com

 

bonjin-35.hatenablog.com

憧れのCarl Zeiss(カールツァイス)のメガネレンズ

f:id:bonjin___35:20191230151818j:image

 

先日購入した金子眼鏡の眼鏡に念願だったCarl Zeiss(カールツァイス)」のドライブセーフレンズを入れてきました!

 

価格はなんと50,000円!!!

 

フレーム込みで約90,000円でした!かなりの大奮発でしたが、これまで経験したことのない快適な視界に大満足です!今回はCarl Zeissのドライブセーフレンズについてレビューしたいと思います!

 

f:id:bonjin___35:20191229232239j:image

 

そもそも「Carl Zeiss」とは?

1846年にドイツで創業され、170年以上の歴史をもつCarl Zeiss(カールツァイス)。

 

フィルムカメラの時代には暗室で写真を現像する際に、Carl Zeissのレンズで撮影されたものかどうか暗室でも判断できるほど透明度・鮮明度が高く、カメラマンの憧れのレンズだったとか。

 

そして、長い歴史の中でも1969年のアポロ11号による人類初の月面着陸が実現したときに宇宙飛行士が手にしていたのもCarl Zeissのレンズを装着したカメラだったのは有名な話で、現代においてはGoogle EarthにもCarl Zeissの精密カメラレンズを使用されているというまさに世界最高峰の光学レンズメーカーなのです!!!

 

f:id:bonjin___35:20191229234244j:image

 

ドライブセーフレンズとは?

悪天候や暗がり、ぎらつき(対向車のヘッドライト、外灯の光、濡れた道路の乱反射など)、そして様々な対象物に素早く焦点を合わせることは、多くのドライバーの目に負担をかけています。

 

DriveSafe Lensは、車の運転のために最適化されたレンズです。このレンズは、夜間や悪天候でもクリアな視界を提供し、乱反射から目を守り、そして様々な対象物に、素早く焦点を合わせなくてはならない運転をサポートします。最高に安全な常用メガネとしてもご使用いただけます。

https://www.zeiss.co.jp/vision-care/spectacle-lenses-from-zeiss/drivesafe-lenses.html

 

最近眩しくない???

最近、夜間の運転で対向車のヘッドライトが眩しいと感じませんか???嫌がらせでハイビームにしているんじゃないかと思うぐらい眩しく感じる車もあります。

 

実はあれはハイビームにしているのではなく、ヘッドライトにLEDが使われているからなんです!

 

LEDは短波長といって眼に刺激的な強い波長を出しますので、ハロゲンランプに比べ数段眩しく感じてしまいます。また、短波長であるために道路に舞う塵や埃、雨なども乱反射させます。夜間の運転は以前より過酷な状況になっているのです!

 

f:id:bonjin___35:20191230100436j:image

 

ドライブセーフレンズの使用感

ドライブセーフレンズにしてからは、上にある写真のように光の乱反射がなくとてもスッキリした視界になりました!

 

以前は長時間の運転の後は眼が充血したりしていたのですが、今はそれもなくなり眼精疲労も軽減されました!昼間はそれほど効果を感じませんが、夜間は運転以外でも自動販売機の明かりや、ネオンなどの照明もクッキリと見えます!これは今まで体験したことのない視界です!また、ブルーライトもカットしてくれるレンズなため、パソコン作業も幾分楽になりました!

 

Photo Fusion(調光)もオプションで

そして今回はPhoto FusionというCarl Zeiss調光機能も付けてもらいました。オプション価格で13,000円です。調光機能とは紫外線に反応してレンズが屋外ではサングラスに、紫外線のない屋内では眼鏡にレンズの色が変わるレンズのことです。

 

日中のドライブでもサングラスに♫と思ったのですが、フロントガラスにUVカットが付いているので色は変わりませんでした。これはしょうがないですね。

 

しかし、屋外に出るとスゥーっと自然に色が付きます。本当に気付かない間にサングラスになっています!そして、屋内入ると5分程で透明なレンズになります。晴れの日でも曇りでも、丁度良い暗さになってくれるのが本当にありがたいです。私はゴルフはしませんが、ゴルフをする方には本当にオススメです!サングラスと眼鏡を掛け変えなくても良いですからね!

 

f:id:bonjin___35:20191230121120j:image

 

【まとめ】

今回はCarl Zeiss(カールツァイス)のドライブセーフレンズについて語らせて頂きました!運転中に対向車のヘッドライトに眩しいと感じている方はもちろん、光に弱い方には心からオススメしたいレンズです!乱反射した雑光が抑えられて、裸眼よりもクリアな視界となります。ドライブセーフレンズは他のメーカーには同じようなモノはなく、Carl Zeissだけのレンズだと思います!

そして、Fhoto Fusion(調光)!

これは画期的!zoffJINSなどでも安価で取り扱っているみたいですが、全く別物です!!

しかし、ビジネスでも使用したい方には少し使いづらいかもしれません。営業先にサングラスでは誰かに怒られそうです。私もドライブ用とプライベート用として今の眼鏡を使用しています。

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ )ライセンスが変わったけど品質は大丈夫!?

1986年に創業したアメリカ・LA発のアイウェアブランドOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ )は、世界中のセレブやハリウッドスタートなど多くの著名人に愛される数少ないラグジュアリーなアイウェアブランドだ。

↓詳しくは↓

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

f:id:bonjin___35:20191227235129j:image

 

ここ日本においてはこれまでアイヴァン(旧オプテックジャパン)が代理店となり、オリバーピープルズの製造・販売を担っていたが、2007年にルックスオティカグループ(旧ミラリジャパン)に米オリバーピープルズが買収されたことを契機に、例外的な展開を許されていた日本市場もルックスオティカジャパンへとライセンスが移り、グローバル戦略へと舵を切ることになった。

 

アメリカのブランドでありながら「MADE IN JAPAN」を維持してきたオリバーピープルズ が代理店が変わったことにより「イタリア製」になるのではないかとアイウェア業界で様々な憶測が飛び交った。

 

 

今後はイタリア製?日本製?

結論から言うと、オリバーピープルズ今後も

「日本製・MADE IN JAPAN」

で生産される。

 

f:id:bonjin___35:20191228091702j:image

 

なぜなら、2018年3月に福井県鯖江市にある「福井めがね工業株式会社」を傘下にしたからである。結局オリバーピープルズ買収し、その生産拠点までも買収するという凄まじい流れとなった。ルックスオティカはこれでようやくアイヴァンとのライセンスを切ることが可能となったわけだ。

 

f:id:bonjin___35:20191228000427j:image

 

取り扱い店舗は?

これまでアイヴァンと取り引きのあったセレクトショップは現在ほとんどの店舗でオリバーピープルズは取り扱っていない。現在、オリバーピープルズを取り扱っているのはオークリーやレイバンなど、ルックスオティカジャパンと取り引きを行なっている店舗だけだ。ということは、これまでは厳選されたショップでの取り扱いだったオリバーピープルズはレイバンのように数多くの眼鏡店で見かける大衆的なブランドになっていくのかもしれない。

 

保証はどうなる?

これまでアイヴァンが修理などの保証対応を受け持ってきたが、ライセンスがルックスオティカに移ったことで保証はどうなるのだろうか?こちらも結論から言うと、「対応できる」数年後はまた状況が変わっている可能性はあるが、今のところアイヴァン時代のオリバーピープルズでも修理対応はできるみたいだ。

 

 

まとめ

日本でも人気の高いオリバーピープルズ が「アイヴァン」から「ルックスオティカ」へとライセンスが移ったことで、不安に感じるユーザーも多いと思う。しかし、鯖江産「MADE IN JAPAN」が維持される、保証対応も問題ないということで安心するだろう。レイバンのように大衆的なブランドになってしまうのは残念な気持ちになるが、今後のオリバーピープルズの動向には注目したい。

  

 

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

 

 

EFFECTOR(エフェクター)を紐解く

f:id:bonjin___35:20191224132837j:image

EFFECTOR(エフェクター)は、アイウェアセレクトショップオプティカルテーラー クレイドルのオリジナル・ブランドとして2005年にスタートしたジャパニーズ・アイウェア・ブランドです。"Rock On The Eyewear."をコンセプトに、男らしく骨太なフレームワークが最大の特徴です。
ベーシックな中に東京らしい感性を取り入れながら、ハンド・メイド・イン・ジャパンにもこだわり、日本の眼鏡生産地で職人の仕上げによるしっかりとしたディテールも大切にしています。
ベーシックなモデル名のほとんどは、ギターなどに使われるエフェクターの名称に由来。ロック・カルチャーやアイコンをベースにしながら、ビートニク・カルチャー、カリスマアイコンなどをイメージソースにしたプロダクトも生まれており、そのオリジナリティはクリエイターやファッション・カルチャー方面からも支持されています。

EFFECTORの魅力とは?

EFFECTORの魅力は何と言っても唯一無二の骨太なデザインだ。8mm生地から生み出されるボリューム、独特のカッティングラインはEFFECTORの真骨頂だ。はじめは顔に馴染まないデザインでも掛けていくと眼鏡が顔の一部となり、EFFECTOR以外の眼鏡が味気なく感じてしまう

 

f:id:bonjin___35:20191227081626j:image

 

EFFECTORの愛用者

木村拓哉宮川大輔綾野剛をはじめ、EFFECTORは多くの芸能人が愛用していることでも有名だ。インパクトのあるデザインであるため印象を変えたり、キャラクターをイメージ付けするには外せないブランドとなっている。

 

f:id:bonjin___35:20191227081610j:image

 

CRADLE(クレイドル)とは?

そして、EFFECTOR生み出した「オプティカルテーラークレイドル」についても詳しく解説したい。1990年代はイヴ・サンローランバーバリーなどのハイブランドとライセンス契約した眼鏡店が爆発的に増えた時代だった。しかし、その中で東京・渋谷の「Loyd」、「グローブスペックスス」や大阪の「GLASS FACTORY」など独自にセレクトした眼鏡ブランドを提案する所謂「眼鏡のセレクトショップ」時代の幕開けでもあった。「クレイドル」は名古屋でそれらと並ぶ、その眼鏡セレクトショップ時代の草分け的な眼鏡店である。

 

f:id:bonjin___35:20191224212208j:image

 

EFFECTOR人気モデル

1. fuzz(ファズ)

8mm 厚のフレームの特徴をフルに活かした、EFFECTORのコンセプトを体現する代表的モデル。

f:id:bonjin___35:20191227103418j:image

【EFFECTOR メガネ 眼鏡】EFFECTOR fuzz エフェクター ファズ

 

2. distortion(ディストーション)

EFFECTORの代表的モデルのウェリントン。ベーシックなフレームワークに、インパクトも兼ね備えている。

f:id:bonjin___35:20191227103403j:image

EFFECTOR(エフェクター) 正規販売店 メガネ/サングラス distortionベース"Lewis Leathers"ルイスレザーコラボモデル Limited(GOLD鋲モデル)「AVIAKIT/アヴィアキット」 Col.BK(黒)【エフェクター国内正規品販売店】

 

3. munakata(ムナカタ)

ケルトンのテンプルに飾り芯がねを入れた、EFFECTOR®の上位モデル。インパクト大のソリッドなフォルム。

f:id:bonjin___35:20191227103346j:image

EFFECTOR(エフェクター)/ /(メガネ 眼鏡 ケース 伊達眼鏡) フリーサイズ ブラック

 

 

↓MEGANE PROFESSOR的オススメモデル↓

f:id:bonjin___35:20191227103750j:image

EFFECTOR(エフェクター) 15周年記念モデル メガネ サーモントブロータイプ 「pull」 Col.BKG (黒×ゴールド) 【エフェクター国内正規品販売店】

 

f:id:bonjin___35:20191227103616j:image

EFFECTOR(エフェクター) サングラス 松田優作 コラボレーション「YUSAKU/ユウサク」 Col.BK(黒)

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

高い眼鏡と安い眼鏡の違い【徹底比較】

f:id:bonjin___35:20191223094807j:image

 

金子眼鏡やOLIVER PEOPLESなどの国産高級眼鏡と、JINSZoffとの中国製安売眼鏡とは一体どこが違うのか?今回はその「違い」を徹底比較します!

 

f:id:bonjin___35:20191223094908j:image

 

今回は………

  1. デザイン
  2. 素材・質感
  3. ディテール

この三点にフォーカスを当てて徹底比較です!

 

f:id:bonjin___35:20191223220805j:image

 

1. デザイン

高い眼鏡代表

【OLIVER PEOPLES MP-2】

36,300円

f:id:bonjin___35:20191222232514j:image

【正規取扱店】OLIVER PEOPLES オリバーピープルズ メガネフレーム MP-2 (5244)

 

安い眼鏡代表

JINS CLASSIC】

13,200円

f:id:bonjin___35:20191222232016j:image

【JINS CLASSIC -Bold & Combination Acetate-】ボールド&コンビネーションアセテート MCF-16A-200 86 商品詳細 | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね) | メガネのJINS(めがね・眼鏡)

 

画像を比較しても、正直言ってほぼ違いがありません。全ての商品に言えますがデザインは真似出来ますので、金額の差は「素材・質感」や「ディテール」の部分でしかありません。沢山の眼鏡をお手軽に掛けたい🎶という方は、JINSZoffで良いのかもしれませんね!この勝負は安い眼鏡の勝利です!

 

2. 素材・質感

高い眼鏡代表

【OLIVER PEOPLES SHEAL DRAKE】31,900円

f:id:bonjin___35:20191223142615j:image

 

[オリバーピープルズ]OLIVER PEOPLES SHELDRAKE (1492)

 

安い眼鏡代表

Zoff VCVisualCommunication】8,800円

f:id:bonjin___35:20191223142807j:image

VC / Visual Communication ZN191015_14E1|メガネのZoffオンラインストア

 

高い眼鏡は「アセテート」、安い眼鏡は「ウルテム」という素材で出来てきます。品質の高いアセテートは変型や縮みが少なく、光沢感が綺麗です。ウルテムは柔らかく一見掛け心地は良いですが、細かな調整が出来ません。また、長い目で見ると、アセテートは研磨出来るため傷が付いてももう一度磨き上げることが出来ます。ウルテムはそれが出来ません。

そして、素材の良し悪しは印象を変えます。個人的には安っぽい大人に見られたくないため、ここは高い眼鏡に軍配が上がります。

 

3. ディテール

高い眼鏡代表

【EFFECTOR FUZZ】26,400円

f:id:bonjin___35:20191223214054j:image

【EFFECTOR メガネ 眼鏡】EFFECTOR fuzz エフェクター ファズ


安い眼鏡代表

JINS CLASSIC】4,400円

f:id:bonjin___35:20191223214239j:image

【JINS CLASSIC - 40's-】クラシック 40's JINS×TIME MCF-17A-007 86 商品詳細 | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね) | メガネのJINS(めがね・眼鏡)

 

「EFFECTOR」はカシメと呼ばれるフロントの飾りを見ても、細かな模様が刻まれていたり、写真にはありませんが、丁番パーツも無骨で堅牢な部品が採用されています。最近は中国製眼鏡のクオリティが上がってきていることから、JINSZoffの眼鏡のクオリティも良いものになってきていますが、やはり細かな部分での「こだわり」は高級眼鏡には敵いません。たかがディテールですが、このディテールこそが眼鏡の奥深いところであります!

 

f:id:bonjin___35:20191223221024j:image

 

まとめ

高い眼鏡も安い眼鏡も正直パッと見ただけでは分からないぐらいに中国製の眼鏡のクオリティは高くなっています。しかし、毎日掛ける眼鏡だからこそ素材やディテールにこだわる人が増えて欲しいなぁと思います。モノ消費からコト消費の時代になったと言われますが、ただ眼鏡を買うだけではなくて、購入するまでのスタッフさんとの会話や経緯などから眼鏡に一つのストーリーが生まれることが大切だと個人的には思います!

 

 

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com

bonjin-35.hatenablog.com